【岩手】令和元年ドラフト会議の結果

【岩手の選手】令和元年ドラフト会議の結果

10月17日にプロ野球のドラフト会議が行われました。
結果、岩手にゆかりのある選手について紹介します。

佐々木朗希投手・・・大船渡高校

4球団が1位指名、抽選により入団交渉権を獲得したのはロッテ

最速163キロを誇る佐々木投手は高校時代、全国の舞台で奮闘することができず思うような結果を残せなかっただけに、会議の結果を受けて張りつめていた表情は和らぎ「まずはほっとした」と笑顔を見せました。

石塚綜一郎選手・・・黒沢尻工業(秋田県出身)

ソフトバンクから育成1位指名

秋田県出身の石塚選手は、高校通算39本のホームラン記録を有し長打力に定評のあるキャッチャーです。キャッチャーでありながら最速140キロ越えという肩の強さもあり投手としてもプレーし、夏の高校野球岩手大会初戦で完封勝利に貢献し、チームをベスト4へと導いた「三刀流」で活躍できる選手です。

堀田賢慎投手・・・山田高校(花巻市出身)

3回目で巨人が1位指名、交渉権獲得

最速150キロ越えのストレートを得意とするピッチャーで、185㎝の長身から放たれる角度のあるストレートが持ち味です。さらに変化球も多彩なコースに決められる抜群のコントロールの持ち主でもありプロからの注目度も高かった選手です。

杉山晃基投手・・・盛岡大付属高校出身の創価大学

ヤクルトから3位指名

幼少時に見た神宮球場でのヤクルト戦が自身の野球人生のキッカケでもあることから、そのヤクルトから指名された事が嬉しかったようです。「目標は開幕1軍で、1年目から結果を残せる投手になりたい」とのこと。